2008年09月30日

ナレーションという奴

IMG_3445.JPG

 最近、ナレーションについて考えていた。

 というよりは雑多に映画を見ていて、ここにもナレーションかと気づくことが多く、そのことをとりあえずメモっておこうと思い記してみた。
 20年近く昔、森崎東さんと色川武大原作ドラマの仕事をしたとき、脚本は高橋洋だったが、ナレーションで物語を紡いでゆく構成だった。日活のスタジオで唐十郎さんのナレ撮りをしたとき、そもそも脚本には記載されていなかった最後のシーンのナレをどうするかとなり森崎監督は「唐さん考えてみて下さい」とあっさり劇作家でもある主演俳優に投げ、一瞬で思いついた唐さんが「どこかでブンと羽音がします。でもそんなものはどこにもいません。それは震えるすみ子の息づきでした」と絶妙な文句をひねりだした。
 多くの評者が言うように森崎東脚本、山田洋次監督というコンビは、日本映画史に残る最強の監督脚本家チームのひとつだと思うが、実は見逃していた『吹けば飛ぶよな男だが』をDVDで見てみたら頭に弁士風情の小沢昭一が出てきて「只今よりお目にかけまするは松竹映画、題しまして吹けば飛ぶよな男だが、夢多くかつまた躓き多き若き日の人生行路の一編、不肖私及ばずながら画面の進行に連れてご説明申し上げますればどなた様にも最後までごゆっくりとご高覧のほどお願い申し上げます」との前口上があり、音楽が来てアヴァンタイトルに続くいかにも森崎さんだなぁという導入部。アヴァン中にもこの漢詩調のナレーションは続き「大都会の谷間に日は沈みここ大阪にも一日の終わりが訪れる。今日一日の労働に疲れたる人々が楽しき家路を急ぐ頃、やがて煙の都はネオンの都へとうつり変わっていくのである・・・」と来て本編が始まり、なべおさみが登場し、しばらくすると「これなる少年はこの一編の主人公三郎である」と紹介される。ナレーションの無意識にサイレント期の弁士の説明がこだましている事を示す鋭い展開ながら難しい印象は全然ない。特典で見れる山田洋次インタビューを見ると彼が「森崎さんは、まあ非常に漢詩の教養のある人でねぇ・・」などとつぶやいていた。『なつかしい風来坊』の場合は違ったナレーションで、脇役であり、傍観者的な有島一郎の「あの当時私は痔で苦しんでいた。痛さに耐えきれずに早退きをしたある日私はあいつに初めて会ったのだ」というナレーションにより奇妙な風来坊=ハナ肇との出会い、その顛末が語られてゆく。ここには一種の愛すべきダメ男への哀惜の情があり、温かい視点から風来坊について語っていくので見る者もそれに影響されるわけだ。
 ナレーションといっても色々あるが、乱暴に分類してしまうと次の幾つかのパターンのうちのどれかになるのだと思う。

1、主人公自身が語る。見てはいないので迂闊な事はいえないが、きくところによれば『私は二歳』は赤ちゃんの視点から語っているという。最初に記した唐さん主演のテレビドラマのナレーションも主人公自身の視点から別れた奥さんとの関係などを語っていった。ブレッソンの『スリ』の冒頭を見ると何か手記のようなものを書き記している手の描写にあわせ「普通実行者は沈黙し語る者は実行していない。だが僕は実行した」とナレーションがかぶり、スリのシーンへとつながり、そこに心の声のような「数日前に決めていた。僕に度胸が?」というナレーションが響く。

2、脇役が語る。『なつかしい風来坊』がこのパターン。あるいはサミュエル・フラーの『最前線物語』のように、モノクロ映像で始まる1918年、リー・マーヴィンが戦争の終結を知らずにドイツ兵を殺してしまったことを知る巧みな導入部から色がついて第二次世界大戦へとポンと飛び「その赤い布はやがて世界的に有名となった。勇敢をもって鳴るビッグレッドワンの記章として。その24年後ビッグレッドワンは再び戦った。第二次大戦のアフリカ作戦である」というナレーションが流れ、最初は誰が言っているのかわからないが、ひとりひとりを紹介するシーンに至って「これが俺サブ、小説を描いていた」と自己紹介、ビッグレッドワンの一員で、おそらく戦争に生き残り小説を書き、後には映画監督としてまさしく『最前線物語』という映画を撮る事になるフラー自身の自画像のようなキャラクターのナレーションだったと知れる。この場合脇役ではあるが、主役はリー・マーヴィンとも部隊ともいえるので、部隊の一部が語り手となっているとしたら1のパターンだし、それが作家主体に限りなく近いキャラという意味では3ともいえそうだ。

3、客観的なナレーション。これは誰が語っているのか特定できないが、映画の物語や人物関係の複雑さなどを客観的俯瞰的視点(メタレべル)より語り、映画に入り込みやすい環境をつくるという手法。わかりやすいのが東映ヤクザ映画の、特に実録物の禍々しいが説明的なナレーション。『仁義なき戦い』シリーズなどが判りやすいが、これは時代劇でもよく使われていた慣習で初めて耳にする年号などから重々しく始まったりもする。『吹けば飛ぶよな男だが』も3にはいると思うが前述したよう印象は東映とは全然違う。トリュフォーのように小説風というか画面に対し息せき切った口調で監督自身がナレーションを担当するようなケースもあるが、キューブリックの『バリーリンドン』のような冷酷無比なナレーション(発音が昔のイギリスっぽくっていやらしさを増す)によって主人公の窮状をよりいっそう際立たせるような意地悪な作風もあり、映画作家や会社によってもバラエティに富む。 
 
 最近見た『主人公は僕だった』という映画では主人公の一挙手一投足の微細な総てについて語る声がやたらと客観性を強調するかのような女性の口調で入って来るが、これは一見神の声、客観的なナレーションかと思いきや、この声を発しているのは、登場人物として映画中に存在しており、映画に出てくる“主人公の男”を主人公に小説を書いている女流小説家で、“主人公の男”はこの小説家に会い、その小説の結末を読み、ショックを受けるという展開。3を装う2のパターンであった。

 さて収拾がつかなくなってきたのでこのへんでやめておくが、いずれナレーションという奴を使って面白い事をやってみたい。


根岸洋之


posted by ピクニック at 15:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

TOKYO!

edited.JPG

 ミシェルゴンドリーの監督した第一話目の『インテリアデザイン』の撮影現場に偶然鉢会わせたことがある。制作会社のピクニックに打ち合わせに向かう途中、落ち着き無くちょろちょろと動いている白人男性がいた。銀座辺りで外国人を見かけることはさほど珍しいことではないので何気なく横切ろうとしたのだがよく見るとエキストラの段取りをしていたミシェルゴンドリーであった。あの“ビョーク”とか“BECK”のPVでお馴染みのミシェルゴンドリーが銀座の歩道橋でうろちょろしている…、なんとも不思議な光景であった。完成した作品を観たらやたら銀座、新橋辺りの風景が使われていたがスタッフルームの近場で済ましたかったのだろうか?
 まぁ、それはいいとしてゴンドリーの長編最新作『僕らのミライへ逆回転』を観ても感じたのだが“自主映画”に対して人一倍思い入れのある人なのだろうと感じた。いや、“自主映画”というより“手作り映画”という呼び方のがしっくりくる。“野心”や“自意識”が渦巻く“自主映画”ではなく映画という存在自体に対する純粋な“憧れ”や“遊び心”を大事にした“手作り映画”という言葉ががゴンドリー作品からは伝わってきた。
過去にLEGOブロックだけで構成されたPVを作ったゴンドリーだけあって子どもの目線を持った大人、つまりは“成熟した子ども”みたいな人なんだろうなと思った。

 それとは反対にレオスカラックスの『メルド』を観て感じた印象は思春期特有の“反抗期”。「特に日本人が醜い」というようなセリフが劇中出てくるが“日本人”であるという必然性は正直薄く、カラックスにとっては“俺”意外の敵は“世界”なのであろうと感じた。まさに反抗期の中学生。だからカラックスという人は“中学生が成熟した大人”みたいな人なのであろう。

 ポンジュノの『シェイキング東京』は他の2作品よりは落ち着いていて穏やかな作風であった。ポンジュノは毎回絵コンテをきっちりと書いてから作品に取りかかるスタイルをとっていて、今回も流れるようで力強いカット割りや演出は健在であったが他の2作品に比べ自分の中に引っかかる何かが無かった。上手く説明出来ないかもしれないが隙のない画作りや隙のない演出によって個人的に僕の好きな“隙間”や“間”が埋められてる気がしてしまった。それはもしかしたらポンジュノがアジア人であり日本と近い韓国の監督であるということが大きな要因かもしれない。ゴンドリーやカラックスの見る日本(東京)はやはり少し歪でありそこに僕ら日本人が新たに見つける隙間や発見があったせいかもしれない。しかしそうは言ってもポンジュノの画作り、空気感はさすがだと思ったし盗みたいと思ってしまった。

 偉そうに書いてしまったが作品として最近観たオムニバスではダントツで面白かった。特に『メルド』のドニーラヴァン(地底人?)と同じ種族の弁護士の喋る何語か分からない“宇宙語”みたいなやり取りはよく分かんないけど観ていて気持ちよかった。それとオープニングの銀座の街を突き進む地底人はスカッとした(かなり日本人がバカにされている感じだけど…)。

って、結局一番印象に残ってるのは『メルド』のような気がしてきた…

IMG_3392.JPG

山下敦弘
posted by ピクニック at 14:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

コドモのコドモのコドモたち

 画像.jpg
にやけた監督と愛らしい谷村さん

 『コドモのコドモ』のメイキング番組ができあがりました。オン・エアはM-on!にて9/19、20:00より。リピート放送も予定されております。

 ちなみにこの番組には案内役がいて、声の出演、すなわちナレーションを、映画中で秋美というお姉さん役をやった谷村美月さんが担当してくれました。彼女はご存知のように関西在住なので、発音がばりばり関西風、ナレーションの細部に於いて、何か発音がちょっと違うぞという箇所(たとえば“安堵”。“あ”を強調するのが関東、“ど”を強調するのが関西。谷村さん発音だと“納戸”みたいな感じに成る訳です)が幾つか生じ、そこを何度かやり直す事になりました。ディレクター氏も神戸出身だからか意外と気にしていないので、マネージャー氏や、わたくしなどが発音の直しに乗り出したほどでした。谷村さんはとてもナレーションを楽しめたようで、作業はとどこおりなく終わり、そのほのぼのとした肉声がこの番組に温かいぬくもりを与えてくれました。

 ちなみにディレクターというか監督は志子田勇くん。大阪芸術大学出身(またしても!)の自主映画作家で、最近は助監督などもやっているようですが、昨年のPFFで審査員やったおり『革命前夜』なる小品を出品してきて出会いました。賞はとれなかったのですが、ちょっと気になる作品だったのでメイキングで声をかけた次第で『コドモのコドモ』の現場では、メインキャストに限らず現地のコドモたちにえんえんカメラを向け、ミニDVテープを100本以上も回しておりました。映画も結構見ているようで、自宅での編集にお邪魔したところ、『ジュリアン』『ウェスタン』・・・などなど安売りビデオが山積みになってました。そういえばこの番組にもハーモニー・コリン風の画面があったような・・・。編集に関してはいろいろ口を出させてもらいましたが、最後の方の凧揚げのシーンは志子田タッチ(笑)になっていて、とってもいい感じです。この番組では、さそうさん、谷村さん、監督などのサイン入り脚本プレゼントなどもあり、とっても魅力的なグッズになりましたので、是非覗いてみて下さい。コドモ達も映画とはまた違った無防備な表情を見せており、映画も含め両サイドから楽しめる内容になっている思いますので。
 

根岸洋之
posted by ピクニック at 17:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

日比谷野音でクラムボン

DSCN1346.jpg

 昨日、日比谷野音にてクラムボンを見ました。
 野音でクラムボンがライブをするのは今年で6回目という事ですが、昨年は見逃していたため(あるいは昨年はやらなかった?)、おそらくは僕自身は5回(あるいは6回)見たという事になりそうです。
 正確な記憶ではありませんが、確か2002年に初めて行ったのだと思います。そのときはそんなによくクラムボンを知らずになんとなく行って、しかしライブを見たとたんにとっても好きになったのだったかなーと。野音のライブではいつもシャボン玉を配っているので、夕方になるにつれ照明の光を受けシャボン玉がキラキラしていくさまはなかなかの光景でそこにクラムボンのライブアクトが加わるとえもいわれぬ愉悦がその場にわきあがるのです。
 原田郁子さんやミトさんがときどき「野音サイコー!」とか言う気持ちはよくわかります。
 確か2年前のときには『神童』の後だったので萩生田監督や北原京子夫妻等と行っていたと記憶しています。このときは挨拶に楽屋裏まで赴きました。
 今回のライブは、当初土曜だけのスケジュールだったのが急遽その週の日曜も空いているということがわかり、慌ててやることになったのだという話で、そんな急な展開にもかかわらずお客さんは満杯、とにかく盛り上がっておりました。
 アンコールの際、遂に強い雨が降り出しましたが、客席の人たちはすぐさま一斉に雨合羽を羽織ったのは面白い景色でした。
 ちなみに今度やろうとしている映画に70年代の野音のシーンが出て来ますが、ここにいる限りは70年代も21世紀もないなと実感できたものです。

根岸洋之
posted by ピクニック at 18:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

子どもと映画/映画『コドモのコドモ』

kodomo.JPG

9月27日に公開される映画「コドモのコドモ」のノベライズを、原作、完成した映画、脚本をベースに書かせていただきました。
小説と呼べるものには程遠いかもしれませんが、この作品ともう一度、はじめから向き合うことができました。

初めてのことへ向かうというのは、経験から比較したり、方法を変換したりできなくて、頭も身体もフル稼働です。
そんな視点も持ち合わせながら、物事に対峙できたらよいのですが、慣れていくことで長生きすることもできるのかもしれません。
その点コドモの頃は、不慣れなことの連続のなか、日々感覚と身体を研ぎ澄まして生きていたように思います。

映画館を出ると、街が、色んなものが、今までと違ったもののように目に映ることがあります。
コドモの頃の目を取り戻したように世界を眺められる映画があります。


『コドモのコドモ』を観終わって、世界を、新しい生まれたばかりのような眼差しで眺めていただけたなら、と思います。


宮下和雅子
posted by ピクニック at 19:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

『コドモのコドモ』、ロケ地での試写という至福

IMG_3653.JPG

 先週、秋田県能代市にて『コドモのコドモ』の完成披露試写がとりおこなわれました。今回の能代は一年前のクランクイン時とはぜんぜん違って半袖だと肌寒さを覚えるくらいの気候で思わずジャスコへ走り長袖Tシャツを買いに行く羽目に。 
 当日8月23日、土曜の昼過ぎという事もあってか能代文化会館は400名ほどの観客で埋まり、そこには5年2組のコドモ達の姿などもチラホラ見えました。また母子という組み合わせが多かったのも印象的でした。舞台挨拶の後、映画が始まると日常よく馴染んでいるであろう風景や学校にざわざわ、また保護者会や街角、教室など自分らの出演場面などになるとよりダイレクトに反応、会場はその都度ざわざわわさわさし始め一種の集団的オーディオ・コメンタリー状態がしばし続いていったものです。途中ブタマン等で笑いをとりつつ、次第に物語の世界へと入り込んでいったような次第で、終盤、生まれたばかりの赤ちゃんの可憐な表情を大画面で見て、ほーっ・・というひそやかな歓声がどちらからともなく漏れてくるさまはこの映画の感動の内実がどこにあるのかを告げてくれているようで大変示唆的でした。実際この映画に出演した赤ちゃんも会場のどこかにいたらしく、ときどきその泣き声がきこえてきたのも不思議といえば不思議な感覚でした。
 上映環境としては観客席後方に映写機を設置している関係上、映写機のカチャカチャという廻転音も聞こえるなかでの鑑賞となり、自主映画的な手作り感のなか、東京などでの試写では味わえない類いの親密さに包まれたいきます。実際僕自身この試写においては割と素直に出産シーンで感動することができたのです。市長や教育長をはじめとする市の関係者の方々にも非常に気に入ってもらえたようですし、試写にお越しいただいた観客の皆様もすんなりと映画に入り込めたのではなかったかと思います。とにかく見てみないとなんともいえない映画であることは間違いないところです。
 
 前日のべらぼう、当日の金勇、わかば亭での食の豊穣さも含め愉しい能代滞在でした。おかげでちょっと太りましたけど・・。

IMG_3647.JPG

根岸洋之
posted by ピクニック at 17:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

「後楽園」発、「リバーサイド入口」経由、「劇場用映画」行

P1010291_edited.JPG

前々回の萩生田監督のブログにちなんで、このタイトルにしました。
つまり、沖田修一監督のことですが、今年、「後楽園の母」と「リバーサイド入口」というテレビドラマを撮って、来年、いよいよ劇場用映画に挑戦することになるという訳です。

その第1弾のテレビ番組×DVDコンテンツとして企画されたオリジナル・コメディ「後楽園の母」がついに完成。
いよいよ7月25日(金)24時半からMUSIC ON! TVで放送されています(実は、後で撮った「リバーサイド入口」が、放送は6月と先になったのですが)。

http://www.m-on.jp/specialprogram/sp_detail8732.html

その前に、いしわたり淳治さんとのトーク付きの上映が、7月18日(金)夜にシネセゾン渋谷で行われました。ふつう、テレビ番組が映画館で上映されるというのは珍しいのですが、来年に劇場用映画の撮影、公開が決まっている沖田監督ならではの特別イベントです。場内は若い女性中心で一杯で、クスクス笑いが続き、大いに盛り上がりました。
いしわたりさんは、若い音楽ファンを洋楽から邦楽に大きくスライドさせた、伝説のロックバンド「スーパーカー」を率いていましたが、今回、役者としてデビューしました。といっても、骨折して入院した役柄なので、ほとんど台詞がありませんが、目線一つでいい演技をみせてくれています。ファン必見のドラマです。
ちなみに、主題歌は「くるり」の新曲です。岸田さんは、いしわたりさんの仲良しで、主題歌を作っている途中に、参考のためにラッシュ映像をみて、「フレッシュ」と演技の感想をひと言いしわたりさんに伝えたそうです。しかし、さすがにドラマの内容にぴったりのいい曲です。ピクニックの作品としては、山下敦弘監督の『天然コケッコー』に続いて、くるりから主題歌の提供をうけて大感激です。

また7月25日(金)には、主演の由紀さおりさんを中心に、スタッフ、キャストが集まって、関係者試写を行いました。その後、簡単な打上げパーティになり、これまた大いに盛り上がりました。
沖田監督は、もともと森田芳光監督の「家族ゲーム」が好きで、そのヒロインであった由紀さんに憧れていました。ですから、自分の撮るドラマに主演で出て貰うことに、内心舞い上がっていたのではないでしょうか。撮影中も、脇で見ていて、最初の内はとても緊張していたように思います。
しかし、女優であり国民的な大歌手であもる由紀さおりさんは、この「後楽園の母」をシナリオの段階から気に入ってくれたようで、本当に嬉しかったです。このご恩は決して忘れることはないでしょう。今後、いい映画を作り続けることでお返ししたいと思っています。

春藤忠温
posted by ピクニック at 11:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

『ファララ』を再見して

IMG_3615.JPG

 フィルムセンターでPFF30回記念のプログラムが組まれていて、『リトルウィング』(81)と『ファララ』(83)を見直してみた。前者は、10代から培ったであろうサブカル的教養を駆使して、つげ義春とジミヘンがフェリーニ的語り口=騙り口の中で出会うという奇妙なユーモアをもった青春映物で、その知的早熟度は堂にいっており、学生時代に何度か見たときに比べ、ずっと判りやすく楽しめた。監督島田元氏のキャラも十二分に出ており余計な事もやってはいるが、それも今となっては懐かしい。最近はプロデューサーとしても活躍中の若き日の長髪グラサンの片嶋一貴さんが結構巧みな芝居をしていたのには大いに笑った。それにしてもこの語り口はなかなかユニークで、へんな言い方だが妙に勉強になったように思う。
 一方、塩田明彦の『ファララ』は、ブレッソンやゴダールをとことん見ていなければ撮れっこないごっつい作風で、やはり以前見たときよりずっと鮮烈であった。撮影がまさにヌーヴェルヴァーグのような瑞々しさで、一種の音楽映画でもありつつ、なぜかサイレント映画の匂いもするというプリミティブな味わいをもった傑作。そういう意味で懐かしさとは無縁に今なお刺激的な映画として見れた。ただその様式の完璧さを超えいかにも塩田だと思わせたのは、主演女優のエロスを、まさしく80年代の女子大生が孕んでいた恥じらいの肉体として繊細に描き得たという点で、学生時代に見た77年生まれの向井康介をして“エロい”といわしめた、90年代以降のエロい感覚とはずいぶん異質な、なんともいえない生々しさ、青っぽさが凄まじく、またそこだけは妙に懐かしくもあり、真のデビュー作『露出狂の女』にもその生な感じは流れ込み継承されていたように思う。塩田監督が谷村美月にこだわるのも、その今風とは決して言えない生々しさ故ではなかろうか?
ファララからどろろへ。この悪戦苦闘の果てに中年男を撮りたい、アクション映画を撮りたいとの作家的自意識をもてあましているかにみえる塩田明彦だか、やはり女優を本気で撮っている彼こそが無条件に面白い、と『ファララ』を見直して思った。


根岸洋之
posted by ピクニック at 14:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

ジュノ発コドモのコドモ行き

IMG_2999.JPG

 暑いですね。容赦のない夏です。週末に1日中、ビルの屋上で撮影をしていて、顔の皮膚がぼろぼろです。それはともかく、遅ればせながら先日「JUNO」観ましたので、そのことについて書きます。

 あられもなく言ってしまえば、「16才の女の子が妊娠出産する」と言う、言わばセックスの低年齢化を扱った作品なのか?とも誤解されかねない作品です。
 しかし、ぼくはこの映画はそのような乾いた物議とはかけ離れたところにあるように観ました。主演のエレンペイジがどうにもすごく魅力的でまいりました。その微妙に変化して行く表情の中にいくつもの言葉にならない声が聞こえてくるようでした。映画は、彼女が自分の決断からしたことを受け止め続けることについて語っていました。それは責任を果たすと言う、いささか悲壮感をともなう感覚とは少し違って見えました。なんと言うか、もっと積極的でサバイバルな冒険なのです。
 冒頭、彼女は学校ではちょっと冴えない男の子のことが好きで一夜を共にします。そしてメインタイトルが出る前、およそ3リットルはあるだろうオレンジジュースをがぶ飲みしながら町を歩く彼女は、雑貨屋で妊娠検査薬を手に入れ、自分の身体に起こったことを知ります。まず何よりも、あんなでかいボトルが入る冷蔵庫が家にあるなんて、やっぱりアメリカってでかいな、などと思って見入っていると、彼女の部屋の電話はハンバーガーの形をしてちょっと断線気味だったり、その彼氏の部屋のベットは車みたいになっていたり、その美術装飾は今を象徴する日常のモノで溢れていて、脚本には巷に溢れる今の情報が詰め込まれていました。
 この作品の緻密な脚本はやがて、その溢れる情報の中で、それに耳を塞ぐのではなく、選び取って行くひとりの女の子の持っている力を描き出して行きます。自分自身とお腹のいのちが生き抜いていくために。
 中絶への拒否、親への告白、里親の決定と出産を控えた彼女は自己決定を迫られ続ける。しかし、彼女は時に自分の経験や知識、感情の容量を超える事態にぶつかりながらも、自分自身で情報を選択する。そして周囲は決断した彼女にその子自身を再発見して行く。
 彼女の判断の基準はあくまでも「自分がそうしたいかどうか?」。何ともその姿が逞しく、ロックで、ぐんぐん心を動かされ、もう涙が止まりませんでした。

 帰りの道すがら、「性」を扱えばどうしても性的欲求の一面ばかりが強調されがちで偏ったイメージを抱いてしまうけれど、「性」はいのちのメカニズムを知ることで、ひとりひとりが別々なことを肯定していくための知識なのだと改めて教えられた思いでした。そして「大量の情報の中で子どもたちは何を選び取っていいのか分からなくなっている」と当たり前のように言われていることへの疑問も浮かんできました。彼女、彼らはもっとしたたかな強さを秘めているのかもしれない、と。

 公開が控えている拙作『コドモのコドモ』もまた、コドモの妊娠出産を題材とした作品です。切り口はまったくもって違いますが、大人の子どもへの目線とその距離感を、もう一度考え直す意味ではとても近いものを感じてしまいました。
 期せずして公開が相次ぐことになったことに、今なにが必要とされているのかなと、思いめぐらす今日この頃です。

IMG_3283.JPG 

また。

萩生田宏治
posted by ピクニック at 10:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

カンヌの表と裏

IMG_3393.JPG


カンヌに行って来ました。いつかは映画人として行きたいなとは思っていましたが、まさか急にこんな感じで行くことになるとは。自分でも驚いています。

今年のカンヌ映画祭は、奇しくも『TOKYO!』と『トウキョウソナタ』と題名に東京がつく2本が正式出品されていたものの、例年に比べて日本からの関係者は少なかったと聞きます。そんななか、小笠原くんのレポートにもあるように、公式上映の夜、タキシードを着たわれわれは、花火が打ち上げられた街を、華やかなメイン会場に向かった訳ですが、個人的にはどうも場違いのようにも感じられ、レッドカーペットの近くよりも裏通りにあるカフェでこそやっと落ち着けたものです。日本語を話すマダムに案内されたテーブルで赤ワインを飲みながら、しみじみとカンヌの夜を実感した次第です。

そもそも『TOKYO!』は、パリに住む日本人プロデューサー2人の企画によって生まれ、3人の外国人監督と、ほとんどが日本人のキャスト、スタッフによって撮影されました。その出来上がりは、日本映画でもなく、フランス映画、韓国映画でもなく、まさしく不思議なコスモポリタンな映画となっています。
公式上映で、日本での試写室では見られない笑いなど、カンヌならではの違った反応があったのは驚きでした。また、ピクニックの名前が小さいながらスクリーンに映った時も、ちょっと嬉しく誇らしく感じました。

映画祭初日の朝に、メイン会場の前に着くと、もう大勢の観光客が写真撮影をしていて、我々も当然のようにそれから写真をどれだけ撮ったか、デジタルカメラなのでもの凄い枚数になったと思います。リュミエールで、ドビュッシーで、マーケットのブースで、近くのホテルのロビーで、トップレスのいたビーチで。まるで修学旅行での中学生のようでした。まあそれも、18年前に会社を創立したメンバーが揃っていたこと、今回はある意味で記念旅行でもありましたから、どこに行っても写真を撮っている、ほんとおのぼりさん集団でした。

現在、カンヌはもっとも権威のある、人気のある映画祭だと思います。しかし、今年はハリウッドからプロモーションのためにきたような映画が目立っていましたし、マーケットにもホラー映画なんかが多くて意外な感じもしました。一方、コンペティションは政治色の強いセレクションだったような気がします。『TOKYO!』は<ある視点部門>での上映でしたが、他にも<監督週間>や<批評家週間>などの部門があり、とにかくカンヌではもの凄い数の映画が上映されているのが、現地にいって実感としてわかったことです。


春藤忠温
posted by ピクニック at 15:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

カンヌの花火

04 カンヌ映画祭3日目045[縮小版].jpg

ピクニック創立メンバーである三浦・前田・春藤・小笠原、4人が揃ってカンヌ映画祭に行ってきました。

ピクニックが製作プロダクションを担当したミッシェル・ゴンドリーを始め、レオス・カラックス、ポン・ジュノの3人の監督によるオムニバス映画『TOKYO!』の上映を、メイン会場の一つであるドビュッシーホールで観ることが、今回の旅の大きな目的です。
赤い絨毯もさることながら、座席シートも同じ赤色で、タキシードの黒が映えるように配慮されているかのようです。
十八歳のときに読んだスタンダールの『赤と黒』を思い出しました。

カンヌの朝は、鳥のさえずりから始まります。まだ闇の続く四時半頃には、何種類もの鳥のさえずりが、ピッコロや高音のフルートのような金管楽器の重なりの音に聞こえてきます。夜が明けるにしたがってカモメとキジバトのテノールも参加し始め、さえずりのシンフォニーは重層的になっていきます。
ヨーロッパの音楽家たちは、きっと鳥のさえずりを音楽にしてきたのだと実感しました。カンヌにはカラスがいないので、清澄な朝を邪魔しません。

ホテルからメイン会場までは、15分ほどの散歩道です。
コンビ二も自販機も商品の看板もない代わりに、「cannes08」のポスターがほぼ5メートル間隔に置かれていて、いやがうえにも街全体が映画祭を盛り上げてくれています。

カンヌの空は広いです。それは建物の高さがおおむね四階建てに統一されていて電柱がないので、空が平面的に広がっているからです。
『TOKYO!』上映の夜、正装した監督、俳優、関係者の後についてホテルからメイン会場に移動し始めたとき、突然、海岸の方から花火が立て続けに連射され、間髪を入れない音の重なりは空の闇を鼓のように響かせ、漆黒の空から数十もの巨大なフラッシュが、ストロボが地上の人々を照らすような光でした。
光栄に浴すとは、このようなことを言うのでしょう。

03 カンヌ映画祭2日目135[縮小版].jpg

小笠原高志
posted by ピクニック at 19:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

シングルモルトと映画

IMG_3365.JPG

 海外へと向かう機内で時間をやり過ごすべく、ウィスキーの林檎ジュース割、にオンザロックという奇天烈なメニューを英語で注文したのが昨夏、『コドモ』の冬ロケのときに能代のジャスコで白州のミニボトルを購入しチビチビやっていたのがこの冬、気づくと春にはシングルモルトなるものに軽くはまっていた。なるべくなら春にはお酒を飲まないよう心がけたいと常々思っているのだが(その理由は花粉症に良くないというのもあるが、春の反対、すなわち秋こそがお酒の季節、酉月=9月、酉→酒と勝手に連想しているので)。シングルモルトウィスキーの百花繚乱ぶりに魅惑されこれはどうだ、あれはどうだとついつい試してしまっているうちに桜も散っていた。ストラスアイラ12年、エドラダワー10年、マッカラン10年、山崎18年、ボウモア12年、タリスカー10年、グレンフィデック18年、ラガブーリン16年、ロイヤルロッホナガー12年、アイル・オブ・アラン・・。ときに新宿伊勢丹地下のこ洒落たコーナーで、しばしば渋谷の安売り酒屋の殺伐とした店内でそれらと遭遇、自分の嗜好もだんだん見えて来た。正直飲みやすいのはグレンモーレンジとかロイヤルロッホナガーなど極めて女性的なセレクション。相当昔に買った「スコッチと銭湯」という田村隆一の本を読み返したり、その手の雑誌や本を買い込み拾い読みしてるうち『血と骨』の監督がシングルモルト好きと知ったりもした。最近も、会社にあった雑誌をパラパラやっているとPenでスペイサイドの特集が、BRUTUSには二人の人気監督が宮古島でシングルモルトを飲みにいくという企画(ボウモア、ラフロイグが登場)が掲載されている。一種のビジネスとしても今シングルモルト市場は活性化しつつあるのかもしれない。先日ある役者さんからきいた話ではハリウッドでも成功したとある若手監督の家には立派な試写室があり様々なDVDが集められているが、そこにはバーカウンターも併設されていてウィスキーの数々が揃えられている、との事。

IMG_3363.JPG

 熟成期間が最短でも10年という気の長い制作過程、ラベルなどにも見てとれるウッドフィニッシュといった手法などを眺めているうち、一本の映画にしてもそれくらいの熟成期間を経て作られ、また仕上げ方にも様々なやり口があるのでは、そのあたりをいろいろ精査分析した批評は今のところ、ほとんどないかも・・と何かを発見したような気になった。そして何事も企画として開発しようという貧乏性ゆえか脳内では『ウスケボー』というタイトルだけは浮かんでいる。勿論内容はまだ何もない。

根岸洋之 
posted by ピクニック at 11:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

沖田組、クランクイン続く。

P1010225.JPG


3月に続き、4月も、テレビドラマ+DVDの作品が撮影開始しました。

この前のは、由紀さおりさん主演の「後楽園の母」。
他の出演は、小出早織さん(美貌と知性の新進女優)、いしわたり淳治さん(あのスーパーカー♪のギタリスト)他。特別出演で、なんと鮎川誠さんが一曲歌ってくれました。
何度も言いますが、まったく新しいコメディの誕生です。7月に、ミュージック・オン・ティーヴィの開局10周年記念番組として放送されます。お楽しみに。

それから今度のは、関西ジャニーズ・ジュニア主演の「リバーサイド入口」。
全4話、各回30分のオムニバス形式です。リバーサイド入口というバス停のある街で、中学生、高校生など、個性溢れる登場人物たちが入り乱れて、沖田ワールドを展開していきます。タイトルだけでも笑えますよ。「できるだけうごきたくない」、「がんばれ!駒田高校野球部」、「たらこんぴ」、「リバーサイド入口」。こちらは、6月に放送予定です。

写真は、第1話「できるだけうごきたくない」の撮影初日。都内のある高校の体育館。ここは、この10年間で6回、NHKの放送コンクールで賞をとったという映像に強いクラブがあります。沖田監督の自主映画「このすばらしきせかい」でも撮影に協力してくれたという素晴らしい高校です。出演していただいた卓球部の皆さんも強そうでした。


春藤忠温
posted by ピクニック at 15:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

男性の好きな出産映画

_$B


『コドモのコドモ』の編集が終わった今、映画の準備中、あるいは夏冬二期に渡る撮影合間にたまたまDVDなどで出会った過去の映画で描かれていた出産シーンについて備忘録がわりにこのブログを活用しておきたい。

 『コドモ』はシナハンの道すがら“西部劇的”という空気感がロケ地選択の潜在モチーフとなっていったが、ジョン・フォードの『三人の名付け親』などにはまさに幌馬車のなかで赤ん坊が生まれ(母親は死に)、ジョン・ウェインをはじめとする三人のむくつけき男たちが赤ん坊を託され戸惑っていく様がユーモラスに綴られていた。
 『アパッチ』という西部劇、これはオルドリッチ監督であるが、この映画のラストでもバート・ランカスター演じる凶暴きわまりないアパッチが追撃隊と闘っているさなか、山上の小屋で妻がひとりで出産を果たす。遠くの方から赤ん坊の泣き声がきこえてきて戦闘状態にあった両者がそれを受けいつしか戦闘本能を喪失していくという流れで、なかなか感動的なのである。
 ドン・シーゲルの知られざる短編(Star in the Night)もまたキリスト生誕にも比す現代西部の出産映画になっておりバーに集う人々が出産という事態にバタバタしていく様子が的確な演出により小気味良く活写されてゆく。そういえばあのハワード・ホークスもあるインタビューの中で、冬の山小屋に閉じ込められた女性が自力で出産をする羽目になるコメディを構想しているとカイエの連中に向かって話しているが、こうした男っぽい監督たちにとって出産という謎は映画的にそそるモチーフだった事が知れる。
 『駅馬車』にも東部より来た淑女が駐屯地で赤ん坊を産むシーンがあり、同乗者の男達はトランプをやりながら待ち赤ん坊の泣き声をコヨーテの鳴き声と混同する始末である。
 サミュエル・フラーの『最前線物語』でも戦場での出産シーンがあり、リー・マーヴィンの産婆ぶりがおかしかったが、『極私的エロス恋歌1974』ほどとはいわないまでも出産カットそのものを一瞬とはいえ挿入し観客をドキッとさせてくれる『インディアン・ランナー』においても今まさに父親になりつつあるヴィゴ・モーテンセンはバーで飲んだくれ大乱闘を繰り広げていく。
 この居心地の悪さというか出産そのものから遠ざけられた生理感覚も男性から見た出産という事態ゆえの当たり前な距離感といえる。
 もちろん『バックマン家の人々』のようにごくごく普通な(高齢という意外性こそあるが)病院での出産シーンもあることにはあり充分微笑ましいが『バッチギ!』での出産シーンと喧嘩シーンのカットバックが歌謡映画的手つきのなかでスムーズに語られていく方がやはり盛りあがるのは単純に歌がいいからというだけではなく男が出産そのものから遠ざけられそこにいれないエクスキューズとしてアクションがたつからだ、といえそうだ。

コドモ.JPG

 で、肝心の『コドモのコドモ』ではあるが、雪の舞いおちる農作業小屋において子供たちだけで出産が為される。走るブタマンというアクションシーンもちゃんとある。主演の甘利はるなはチャン・ツィイーが出たある映画の出産シーンを芝居の参考にした。
 音楽担当のトクマルシューゴ氏がその出産シーンにどんな音楽をつけてくるのか、興趣は尽きない。


根岸
posted by ピクニック at 14:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

沖田組、クランクイン!

ピクニック期待の沖田修一監督が、いよいよ始動しました。
第1弾は、テレビ×DVDのショート・ムービーです。
沖田ワールド全開の、深くて面白いオリジナル喜劇です。

ミュージシャンを目指している息子が怪我で入院したので、
心配して上京した母親が、息子の女友達や仲間達と出会う、数日のお話。
なんていうか、今どきのニッポンの「母と息子」です。

自主映画の世界では、知られた存在の沖田監督でしたが、
これからはプロの人たちと制作をしていくわけで、
クランクインでも、多少の緊張ぶりが感じられましたが、
現場が進むにしたがって、堂々たる演出ぶりになりました。
カメラマンの芦澤さんとのコンビも、息があっています。

P1010192.JPG

この作品の詳しい情報は、4月になってお知らせします。
沖田修一のコメディを、どうかご期待ください。
この後、来年の劇場用長篇にむけて、短篇を5つ、6つと、
撮影していく予定ですが、これが初めの一歩です。
では、よーい、スタート!

春藤忠温
posted by ピクニック at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

石垣・波照間

P1010172.JPG

友人の見舞いと今後の映画のロケハンをかねて、石垣・波照間を旅行してきました。

羽田から石垣までの直行便は、一日二便しかありません。基本的にいつも満員なので、シーズン中のチケットの入手は困難です。今回は、まだシーズンオフなので、十日前で、ぎりぎりチケットを入手できましたが、羽田出発は、朝の六時二十五分、家を出たのはまだ夜が続いている四時過ぎです。日本の南の果てに行くということは、夜の果てる時間に出発しなければならないということでした。

三時間半のフライトの後、石垣の桟橋から、波照間に向けて高速艇で東シナ海を飛ぶように疾走します。船が苦手な春藤社長は、デッキの手すりにしがみつき、腰を低くして風に飛ばされまいと構えます。余裕を見せている前田会長は、鯨の遊泳を見つけ叫んでいます。右手に、竹富島、黒島、大きな西表島を後にしながら、エメラルドグリーンの明るい水色の底には、水深二メートルくらいの浅くて白い海底が見え隠れし、海の色の明るさの秘密がわかります。

波照間島で一番多く出会った生き物は、人間ではなく、白いヤギです。民宿でも、犬を飼う代わりに、白ヤギを畑につないでいます。レンタカーで島をめぐっても、小さな仔ヤギから、喉元に薄茶色の袋を垂れさげている老ヤギまで、数頭群れて草を食んでいます。
あいにく、夜は曇っていたため、南十字星を見ることはできませんでしたが、民宿からほんの二十メートルも離れると漆黒の闇の中です。生暖かい風が、肌にしみこんでくるような闇でした。


P1010152_edited.JPG


小笠原高志

posted by ピクニック at 16:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

おばんです

「おばんです」とは、東北地域の言葉で「こんばんわ」の意です。

萩生田組『コドモのコドモ』の打上げの舞台挨拶、皆さんひとことめはこの言葉で挨拶をしておりました。

今回の冬編、私はこども担当ということで参加したのですが、夏の撮影から約3ヶ月の間を経て再度集結したこどもたちは相変わらず賑やかでした。

8名全員集合すると女子対男子という構図ができあがり、本当のクラスメイトのようです。

旅行 143.jpg

画像は(左から)真由役の大熊彩花さん、珠役の須藤瞳さん、ミツオ役の帯金遼太くん、万作役の山田清貴くんと雪遊びをした時の写真です。



旅行 144.jpg

珠&真由VSミツオ&万作で雪だるま対決!

マフラーを巻いたオシャレ雪だるま(左)が女の子チーム、小さな帽子をかぶった雪だるま(右)が男の子チーム。

珠&真由チームはリボンをつけたりカスタムに励んでいましたが、ミツオ&万作チームは途中から雪合戦が始まりました。

ということで、女子チームの勝利〜!



冬編は雪の降る寒い中、出産というハードな撮影もありましたが、それを乗り越えたこどもたちは夏からまた一回り成長したのではと思います。

春菜役の甘利はるなさんは今回、スカウトされて初めて受けたオーディションで見事抜擢され主演、しかも出産ありという大役を成し遂げたわけですが、初めてとは思えない堂々とした姿には圧巻でした。

これからのご活躍が楽しみです。

毎晩こどもたちとご飯を食べにでかけたのですが、行く先々でお店の方々に歓迎して頂き、温かいお声をかけて頂いたりおかずをごちそうになったり「エキストラ参加したよ」との声もあり、能代の方々のご支援を身をもって感じました。

本当にありがたいことです。

そしてホテルの朝食バイキングも昼のケイタリングも夕食時に行くどのお店も、ごはんの美味しいこと美味しいこと。

とにかく寒かったのですが、食に励まされた気がします。

先日東京でも雪が降りましたが、水っぽい雪で靴は湿るし朝には道路は凍結して大混乱だし、都会で降る雪っていうのはなんだか別物ですね。

能代のさらっさらの粉雪が恋しいです…

杉山洋子
posted by ピクニック at 18:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

コドモのコドモ、クランクアップ!

IMG_3324.JPG  IMG_3327.JPG

 厳寒の能代にてロケーションが続いた『コドモのコドモ』も遂に1/25にクランクアップしました。本当に雪は降るのだろうか?との疑り深いスタッフの心配を吹き飛ばしてくれるかのように、まさかこれほどの雪が・・というくらいに吹雪あり、根雪あり、粉雪ありと、ちょうどいい案配で雪が街をおおってくれました。地元の人達に言わせれば、今年はそうたいした雪ではないよ、との事なので、まさに映画の為、程よく降り積もってくれたという事なのでしょうか。それにしても東京暮らしから見ると結構な量でしたけどね。実景の最後が凧揚げのカットで、三度目の正直でようやく撮れたわけですが、凧といえば、べらぼう凧、べらぼう凧といえば、居酒屋べらぼう、このべらぼうという店には夏冬通して幾度となく通ったので何か書かない訳にはいかないでしょう。

 太田和彦という居酒屋にうるさい方がいらっしゃって、私の住む代々木上原にある有名な居酒屋でも一度お見かけした事がありますが、その居酒屋名人・太田氏が最近出した本にも「べらぼう」の事が紹介されてました。その本をべらぼうの主人(エキストラ出演あり)が店で見せてくれたので、タイトルこそ失念しましたが、全国からこれはというなごむ居酒屋を紹介しているような本だったかと思います。

 能代は、野菜も魚も肉もそして米もおいしい土地なので、どこの店に入ったにせよまずはずれはないし、そもそも我々が泊まったキャッスル・ホテルの朝食などもかつてないくらいおいしい、しかも何気ないものでしたが、このべらぼうさんも、その何気なさ、素材感の良さを売りにしており、その味を求め連日客が途絶える事はありません。地元系のおかずも当然の事ながらおいしいのですが、たとえば焼きそばとか地鶏うどんといった普通きわまりないメニューが素晴らしく充実していて、値段も手頃なので、ついつい通う事になりましたが、監督からは「ロケのためというよりべらぼうの為に来ているのでは?」と疑われたくらいです。とはいえ凧の実景を撮るという案を思いついたのもこのべらぼうで夏に監督と飲んでいて、店中に魁偉な凧が飾られているのを眺めて、の事なので、何が役に立つか分かりません。

 それにしても主人がふるまってくれた濁り酒はおいしかった。映画が完成し、能代で披露試写でもやる事になったらまた訪れて飲みたいものです。

IMG_3323.JPG

根岸洋之
posted by ピクニック at 18:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

あかばね三姉妹

1月21日〜26日まで山下監督で蒼井優さんの15分×3話のドラマの撮影でした。

今回はセットでワンシチュエーションの設定でやりたいという事だったので、
スタジオを借りて美術部と大道具さんにすごく助けてもらい、21日クランクイン出来ました。
クランクインすると話がコント風なドラマだったりして、常に笑いを我慢してる様な雰囲気で和やかに撮影は進んでいきました。
撮影時間もインする前は朝まで撮影する日が出てくるかなと思っていたら、
朝9時から開始で早い時で5時遅くても22時には終わり、すごく体力的に助かった感じではあるのですが・・・(苦笑)。でも冬は特にセット撮影はいいですね。
スタッフの皆さんには色々とご無理な事を言ったりして申し訳ありませんでしたが、これに懲りずに今後ともお願い出来ればと思います。

今回は三姉妹の話ですが、一話だけゲストで仲本工事さんに出演して頂いたんですが、
何といってもあのドリフのメンバーですから、コントでよく芸人さんが頭にタライを落とす時のリアクションのタイミングや口から水をうまく吐き出すやり方を細かく三姉妹に教えてた時の仲本さんの楽しそうな顔がすごく印象に残っていて、仲本さんの芸に対する考えが少し垣間見れて幸せでした。
これから編集作業に入りどう面白くなるか楽しみです。

CIMG2090.JPG

P1030092.JPG

三好保洋
posted by ピクニック at 18:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

コドモのコドモ撮影快調!(氷点下篇)

 先日の1月10日にクランクイン、撮影再開したコドモ冬篇ですが、最高気温氷点下3℃、吹雪いたときには、体感温度氷点下10℃くらい迄落ちるなか、地元の新聞には、「着膨れしたスタッフ達が」、とまで描写された重装備態勢で撮影に臨んでおりました。

 能代の天気は実に気まぐれで、今晴れ渡っていると油断しているや、いきなり吹雪いてきて、あたふたしているとどんよりと曇り、その次の瞬間にはまた強風がぶり返す、というすごい一貫性のなさで撮影チーフを泣かせ、しかし画面の有り様としてはなかなか楽しい展開になっております。 


IMG_3297.JPG
走る、ダイゴ、ヒロユキ、珠

 子供達も見慣れぬ雪を満喫するかのように活き活きとしていて、夏秋篇とは比べ物にならないくらいの自覚も生まれ、いい感じで進行しています。萩生田監督の撮り方も前半の編集をある程度迄やっている事もふまえ夏篇とはがらっと方法論を変えて演出、カット割りをしているように見受けられました。


IMG_3301.JPG
一面雪世界の農作業小屋

 それにしても一面雪世界の農作業小屋での撮影は寒い。いや寒いを通り越し耳などは痛いくらいでしょうか。スタッフ的には大変ですが、何か独特の開放感があるのも確かです。不思議な感覚です。そして雪が十二分に降ってくれた事もあり冬篇については画面的には相当楽しみなものになりそうな予感がしております。夏の自然も涼し気で良かったですが、冬の自然、その脅威も結果的には美しいものになりそうで、今から編集が楽しみな次第です。 

IMG_3298.JPG
萩生田監督、余裕のVサイン

IMG_3295.JPG
吹雪き渡る能代メインストリート



根岸洋之
posted by ピクニック at 18:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。