2008年01月31日

コドモのコドモ、クランクアップ!

IMG_3324.JPG  IMG_3327.JPG

 厳寒の能代にてロケーションが続いた『コドモのコドモ』も遂に1/25にクランクアップしました。本当に雪は降るのだろうか?との疑り深いスタッフの心配を吹き飛ばしてくれるかのように、まさかこれほどの雪が・・というくらいに吹雪あり、根雪あり、粉雪ありと、ちょうどいい案配で雪が街をおおってくれました。地元の人達に言わせれば、今年はそうたいした雪ではないよ、との事なので、まさに映画の為、程よく降り積もってくれたという事なのでしょうか。それにしても東京暮らしから見ると結構な量でしたけどね。実景の最後が凧揚げのカットで、三度目の正直でようやく撮れたわけですが、凧といえば、べらぼう凧、べらぼう凧といえば、居酒屋べらぼう、このべらぼうという店には夏冬通して幾度となく通ったので何か書かない訳にはいかないでしょう。

 太田和彦という居酒屋にうるさい方がいらっしゃって、私の住む代々木上原にある有名な居酒屋でも一度お見かけした事がありますが、その居酒屋名人・太田氏が最近出した本にも「べらぼう」の事が紹介されてました。その本をべらぼうの主人(エキストラ出演あり)が店で見せてくれたので、タイトルこそ失念しましたが、全国からこれはというなごむ居酒屋を紹介しているような本だったかと思います。

 能代は、野菜も魚も肉もそして米もおいしい土地なので、どこの店に入ったにせよまずはずれはないし、そもそも我々が泊まったキャッスル・ホテルの朝食などもかつてないくらいおいしい、しかも何気ないものでしたが、このべらぼうさんも、その何気なさ、素材感の良さを売りにしており、その味を求め連日客が途絶える事はありません。地元系のおかずも当然の事ながらおいしいのですが、たとえば焼きそばとか地鶏うどんといった普通きわまりないメニューが素晴らしく充実していて、値段も手頃なので、ついつい通う事になりましたが、監督からは「ロケのためというよりべらぼうの為に来ているのでは?」と疑われたくらいです。とはいえ凧の実景を撮るという案を思いついたのもこのべらぼうで夏に監督と飲んでいて、店中に魁偉な凧が飾られているのを眺めて、の事なので、何が役に立つか分かりません。

 それにしても主人がふるまってくれた濁り酒はおいしかった。映画が完成し、能代で披露試写でもやる事になったらまた訪れて飲みたいものです。

IMG_3323.JPG

根岸洋之
posted by ピクニック at 18:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。