2008年09月30日

ナレーションという奴

IMG_3445.JPG

 最近、ナレーションについて考えていた。

 というよりは雑多に映画を見ていて、ここにもナレーションかと気づくことが多く、そのことをとりあえずメモっておこうと思い記してみた。
 20年近く昔、森崎東さんと色川武大原作ドラマの仕事をしたとき、脚本は高橋洋だったが、ナレーションで物語を紡いでゆく構成だった。日活のスタジオで唐十郎さんのナレ撮りをしたとき、そもそも脚本には記載されていなかった最後のシーンのナレをどうするかとなり森崎監督は「唐さん考えてみて下さい」とあっさり劇作家でもある主演俳優に投げ、一瞬で思いついた唐さんが「どこかでブンと羽音がします。でもそんなものはどこにもいません。それは震えるすみ子の息づきでした」と絶妙な文句をひねりだした。
 多くの評者が言うように森崎東脚本、山田洋次監督というコンビは、日本映画史に残る最強の監督脚本家チームのひとつだと思うが、実は見逃していた『吹けば飛ぶよな男だが』をDVDで見てみたら頭に弁士風情の小沢昭一が出てきて「只今よりお目にかけまするは松竹映画、題しまして吹けば飛ぶよな男だが、夢多くかつまた躓き多き若き日の人生行路の一編、不肖私及ばずながら画面の進行に連れてご説明申し上げますればどなた様にも最後までごゆっくりとご高覧のほどお願い申し上げます」との前口上があり、音楽が来てアヴァンタイトルに続くいかにも森崎さんだなぁという導入部。アヴァン中にもこの漢詩調のナレーションは続き「大都会の谷間に日は沈みここ大阪にも一日の終わりが訪れる。今日一日の労働に疲れたる人々が楽しき家路を急ぐ頃、やがて煙の都はネオンの都へとうつり変わっていくのである・・・」と来て本編が始まり、なべおさみが登場し、しばらくすると「これなる少年はこの一編の主人公三郎である」と紹介される。ナレーションの無意識にサイレント期の弁士の説明がこだましている事を示す鋭い展開ながら難しい印象は全然ない。特典で見れる山田洋次インタビューを見ると彼が「森崎さんは、まあ非常に漢詩の教養のある人でねぇ・・」などとつぶやいていた。『なつかしい風来坊』の場合は違ったナレーションで、脇役であり、傍観者的な有島一郎の「あの当時私は痔で苦しんでいた。痛さに耐えきれずに早退きをしたある日私はあいつに初めて会ったのだ」というナレーションにより奇妙な風来坊=ハナ肇との出会い、その顛末が語られてゆく。ここには一種の愛すべきダメ男への哀惜の情があり、温かい視点から風来坊について語っていくので見る者もそれに影響されるわけだ。
 ナレーションといっても色々あるが、乱暴に分類してしまうと次の幾つかのパターンのうちのどれかになるのだと思う。

1、主人公自身が語る。見てはいないので迂闊な事はいえないが、きくところによれば『私は二歳』は赤ちゃんの視点から語っているという。最初に記した唐さん主演のテレビドラマのナレーションも主人公自身の視点から別れた奥さんとの関係などを語っていった。ブレッソンの『スリ』の冒頭を見ると何か手記のようなものを書き記している手の描写にあわせ「普通実行者は沈黙し語る者は実行していない。だが僕は実行した」とナレーションがかぶり、スリのシーンへとつながり、そこに心の声のような「数日前に決めていた。僕に度胸が?」というナレーションが響く。

2、脇役が語る。『なつかしい風来坊』がこのパターン。あるいはサミュエル・フラーの『最前線物語』のように、モノクロ映像で始まる1918年、リー・マーヴィンが戦争の終結を知らずにドイツ兵を殺してしまったことを知る巧みな導入部から色がついて第二次世界大戦へとポンと飛び「その赤い布はやがて世界的に有名となった。勇敢をもって鳴るビッグレッドワンの記章として。その24年後ビッグレッドワンは再び戦った。第二次大戦のアフリカ作戦である」というナレーションが流れ、最初は誰が言っているのかわからないが、ひとりひとりを紹介するシーンに至って「これが俺サブ、小説を描いていた」と自己紹介、ビッグレッドワンの一員で、おそらく戦争に生き残り小説を書き、後には映画監督としてまさしく『最前線物語』という映画を撮る事になるフラー自身の自画像のようなキャラクターのナレーションだったと知れる。この場合脇役ではあるが、主役はリー・マーヴィンとも部隊ともいえるので、部隊の一部が語り手となっているとしたら1のパターンだし、それが作家主体に限りなく近いキャラという意味では3ともいえそうだ。

3、客観的なナレーション。これは誰が語っているのか特定できないが、映画の物語や人物関係の複雑さなどを客観的俯瞰的視点(メタレべル)より語り、映画に入り込みやすい環境をつくるという手法。わかりやすいのが東映ヤクザ映画の、特に実録物の禍々しいが説明的なナレーション。『仁義なき戦い』シリーズなどが判りやすいが、これは時代劇でもよく使われていた慣習で初めて耳にする年号などから重々しく始まったりもする。『吹けば飛ぶよな男だが』も3にはいると思うが前述したよう印象は東映とは全然違う。トリュフォーのように小説風というか画面に対し息せき切った口調で監督自身がナレーションを担当するようなケースもあるが、キューブリックの『バリーリンドン』のような冷酷無比なナレーション(発音が昔のイギリスっぽくっていやらしさを増す)によって主人公の窮状をよりいっそう際立たせるような意地悪な作風もあり、映画作家や会社によってもバラエティに富む。 
 
 最近見た『主人公は僕だった』という映画では主人公の一挙手一投足の微細な総てについて語る声がやたらと客観性を強調するかのような女性の口調で入って来るが、これは一見神の声、客観的なナレーションかと思いきや、この声を発しているのは、登場人物として映画中に存在しており、映画に出てくる“主人公の男”を主人公に小説を書いている女流小説家で、“主人公の男”はこの小説家に会い、その小説の結末を読み、ショックを受けるという展開。3を装う2のパターンであった。

 さて収拾がつかなくなってきたのでこのへんでやめておくが、いずれナレーションという奴を使って面白い事をやってみたい。


根岸洋之


posted by ピクニック at 15:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。